2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


嬉しい報告をさせていただいた後に、なんとも申し訳ないですが・・・・
いつも譲渡会でお世話になっている「飼い主探し隊」のブログの記事を読み、怒りを通り越し、悲しさとどうしようもないやり切れない思いで一杯になってしまいました・・・。

記事は「治療費がかかるから処分してくれ」
題を見て、はぁ??と思い、内容を読ませてもらうと・・・

17年家族として一緒にすごしていた猫を、年をとり病気になったため、治療費がかかるからと・・保健所に持ち込んだという内容でした。
幸いにも猫ちゃんは、心優しい方が受け入れてくださり、保健所で寂しく逝くことはありませんでした。

でも!!何とも言い難い、怒り。悲しみ。情けなさ・・・・

私は、現在5匹の猫たちを家族として過ごしております。
いまの5匹の仔たちが家に来る前は、2匹の仔達がおりました。

19年間一緒に過ごしたその仔達とは、8年前に別れがありました。
年をとり、確かに病気がちになり・・・医者通いも大変ではありました。
お金もそれなりに掛かりました。

しかし、家族です!

我が家は決して裕福な家庭ではありません。
でも何とか、やっていけるように考え、それでも無理な場合は最善の方法を考えたつもりです。

お金に余裕がなく、医者に通うことができなくなったら・・・でも、最後は腕の中で、どんなに辛くとも見送ろうと・・・

自分ができること、それをすべてやれたとしても、別れは耐えがたき辛さです。
それは、人との別れだけではなく、一緒に過ごした動物たちとて例外ではないはずです。

いつも参加させていただく譲渡会 動物霊園 愛の森 
ご法要にきて、そして新たな家族に迎えていただける仔を見に来てくださる方からは、本当に愛されて逝った仔たちの話を聞かせていただけます。
そして、辛い思いもしたけれど・・・いま家族を求めている仔を幸せに・・と、犬たち猫たちを家族に迎えてくださいます。

その反面!何年も一緒に暮らした仔を「殺してくれ!!」と
暴言になりそうですが
綺麗ごとではないんですよ!
保健所に飼っていた仔を持ち込むってことは、

「この仔、殺せ」と、言うことですよ!

(自分の手でやってみろ)怒(`´)怒

身内ともいうものべき、長年暮らした仔を・・・殺せと
どんな神経だ!?私には絶対!理解できません。

もし・・・自分がどうにもならない立場になり、いま居る猫たちの行き先が何処にもなくなったのなら・・・
その時が来ないと、結論はでないでしょうが

しかし、このように何年もすごした仔が病気になり、弱ってしまったのなら
医者に行けずとも、そばで最期を看取ります。

苦しんでいる仔をみることは辛いです。

しかし、愛するものが・・・寂しく、全く知らない場所で、故意に苦しみの中で死んでいくことの方が、数倍も辛いことです。

何故?なぜ・・・・

やり切れなさと悲しさで、つい・・愚痴を書いてしまいました。
逕サ蜒・052_convert_20101116164814
19年間、一緒に暮らしたギズモとミュウです。
いまだに写真をみると、涙が込みあげてきます。
家族として過ごした年月、かけがえのないもののはずです。





この記事へコメントする















無飛

Author:無飛
名前も呼ばれず、語ってもらうことも無く消えていく命があります。
そんな悲しい鼓動の響きを一つでも無くしていきたいと思います。
個人ボランティアである 無飛・ありこま・ピーココままが中心となり、ご家族との縁の糸をつないでいきたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。