2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


入院していたひよこちゃんが、空に帰っていきました。

ラック・幸・福・うずら・わらび・・・5匹の子達のいるところに
きっと、寂しくないよね

18日に引き取り、その後はギズママさんのところに。
風邪の症状がひどく、3匹の仔たちは目やにだらけ、ひよこにいたっては片目が危ない状態でした。

ギズママさんの看病とお世話のおかげで、
「ひよこの目も大丈夫、わらびもうずらも綺麗な目になってきたよ・・・
ちゃんと、ミルクもしっかり飲んでいるよ」

そんな、話があった・・・矢先、うずらが食欲がなくなった・・とのことで、入院。

ラックたちの様子が、非常に悪かったため大事をとりました。

二日間の入院の後、よくなったからと退院・・・
しかし、退院のその日・・・再び、今度は3匹が入院。

まだ、風邪の症状はありましたが、食欲もあり元気はあったのです。

『大丈夫。元気になって戻ってくるよ』

私たちは、そう信じておりました。

ひよこも、わらび・うずらと共に、ギズママさんの家族として、心の中に暮していくことになりました。

ブログに一度も、紹介することができませんでしたが、ギズママさんの家族になった仔・・・
紹介させてください。
ひよことうずら
ひよこちゃん(左)うずらくん(右)

わらび
わらびくん・・・最初は「つばめくん」という名前だったのですが、シッポが蕨のようにクルリン。
そこから、この仔は「わらびくん」に。

可愛い名前をつけてもらっておりました。

1730916372_135s.jpg 1730916372_178s.jpg
遊んでいる様子、ぼーと日向ぼっこをしている姿。
短かったかもしれませんが、愛情を知ってもらえたのではないでしょうか。



戻ってきて欲しかったです。
戻ってくると、思っておりました。


ラックも幸も福も。

やり切れない気持ちで一杯です。


確かに、私たちの見えないところで・・・本当に多くの、命が消えていることでしょう。
だからこそ、私たちに「家族との縁をつなぐ」という、「縁」があり
手元にやってきた子達。

その仔たちは、どうしても幸せにしたいと願っております。

そのために、ありこまさんも私も、そして協力してくれる方々も
自分の時間を削り、動くのです。

だた一つ
家族との縁がつながり、家族の人たちから「大事にします、かわいいです~」と、嬉しそうな笑顔をみせていただけ、猫たちが安心して寄り添う姿をみるために。

私たちだけじゃないです。保護ボランティアをやっている人は、みな同じだと思います。

全部は救えない。
それでも、救おうと思った『命』には、責任をもって、できるだけのことをしよう。
それしかできないのなら、一つでも二つでも
確実に救いたい。

願っていても、叶わない事実・現実。
わかってはいても、理解しているつもりでも
納得はできません・・・割り切ることなど、できないのです・・・・

悔しさと、どうしようもない やり切れない思いを押し込め


まだ入院している『ラッキー』の帰りを待ちます。

戻ってきます。きっと!

そして、家族との縁の糸・・・待っている仔たちがいます。
動物霊園に遺棄された子猫たち、6匹。
ありこまさんの所には、乳飲み子がきております。

生きたくとも、生きることができなかった多くの仔たちの分も
これからも私たちに縁のある仔の、安心して生きていけれる「縁」
探していければと思います。









この記事へコメントする















無飛

Author:無飛
名前も呼ばれず、語ってもらうことも無く消えていく命があります。
そんな悲しい鼓動の響きを一つでも無くしていきたいと思います。
個人ボランティアである 無飛・ありこま・ピーココままが中心となり、ご家族との縁の糸をつないでいきたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。