2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うぶちゃんの左足の状態が気になっておりました、Tです。

chizuru+159_convert_20091202103035.jpg


保護主さんから今日うぶちゃんをお預かりして、違う獣医さんに連れて行って見ました。
そう、俗に言う「セカンドオピニオン」です。

最初の先生の診断は神経が切れているまたは麻痺していると言う事でした。


が、


レントゲンを撮っていなかったようで、今回きちんとレントゲン検査をしていただきました。



なんと!


股関節の骨折が判明(泣) 

それも、何故こんな形に折れてるの?どうしたらこんな風に折れるの?って感じに…

骨折によって足に力が入らず、足を引きずって歩いていたようです。
今の月齢での手術は無理という事でした。
また、手術をしても骨がくっ付く訳ではなく、成長と共に骨が成長して筋肉や神経を刺激して痛みが出ないように、鋭角になった骨の形を整えて痛みを軽減する手術になるそうです。
時期的には7ヶ月~8ヶ月ごろが適当とのことでした。

ただ、手術を行えば骨はくっ付いていなくてもきちんと歩けるようにはなるそうです。

手術が出来る頃になる前に痛がるようであれば、対処療法として痛み止めで時期を待つしかなさそうです。

11月22日に保護して、病院にもすぐにかかったのに今まで骨折が分からず、うぶちゃんには痛い思いをさせてしまいました。



先生に伺ってみました。

どうしたらこのように折れるのかと…
折れてからどれくらい経つのかと…

まず、高い所から落ちた骨折ではない。
故意かどうかは別として、上から踏まれたのではないかと言う事でした(涙)
もしかして…

推定にはなるけれど、骨折してから2~3週間。
保護してから約10日。
保護してあげる前の約1週間はそのまま放置されてたんだよね?
相当な痛みがあったはずだと言われました。

もし間違って踏んでしまっても、なんでそのまま放置できるの?
ぐったりとして動けない子猫をなんで置き去りに出来るの?


今のところは、そんなに痛みは無いようです。
それだけが救いです。




とても性格の可愛い女の子です。
お膝の上が大好きで、お腹を撫でてとすぐに仰向けになります。
当分は安静が必要なためケージ飼いになります。
今後、医療費も普通の猫ちゃんより必要となります。

こんな境遇になったのは、うぶちゃんの性ではありません。
この子は、全て受け入れて懸命に生きています。
chizuru+160_convert_20091202103151.jpg


どうか、こんなうぶちゃんを家族の一員にとお考えいただける方がありましたら、ご一報いただけたら幸せです。 


・゚・(つД`)・゚・・・・・折れてたんです・・・それも、どうして!?こんなところが!!!?という場所が。
Tさんから、電話にて内容を聞き、再び悲しみと怒りが込み上げてきました。
痛かったろうに、痛い足を引きずりながら、懸命に生きていこうとしてたんです!
保護主さんは、うぶちゃんを献身的に見守ってくださってます。
でも!仕事とご自分の先住猫たちの世話・・・やはりうぶちゃんだけをみてくれる家族にはかないません・・・
きっと!!縁があるはずです。

SOSのバザーのかわりに、今後は「うぶ・シュン」・・・「いさく」ではなく、「しゅう」でもなく・・・「シュン」~(; ̄ー ̄A アセアセ・・・今度こそ!間違ってないはずです。ヽ(´Д`;)ノアゥア...ごめんなさい。

「うぶちゃん・シュン君」医療費バザーを今後、行っていきます。
chizuru+161_convert_20091202103644.jpg

いさく1


どれだけ・・・かかるか、一人の保護主さんだけでは、大変すぎます。
家族にむかえてもらうにしても、援助はしていきたいと思います。

でも、家族の愛情に代わるものはないでしょう・・・
あったかな家族に迎え入れてもらえることを願います。




【Re: タイトルなし】
モンローさん<本当に、事実を聞き、耳を疑いましたよ・・・どうしたら、あんなところの骨が折れるのかと(´;ω;`)ウッ…
普通では考えられない骨折の仕方です。
【】
いつもお疲れさまです。痛々しい話ですよね1日も早く回復してもらいたいです。
この記事へコメントする















無飛

Author:無飛
名前も呼ばれず、語ってもらうことも無く消えていく命があります。
そんな悲しい鼓動の響きを一つでも無くしていきたいと思います。
個人ボランティアである 無飛・ありこま・ピーココままが中心となり、ご家族との縁の糸をつないでいきたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。