2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


しばらくブログがお留守となっておりました( ;^^)ヘ..

飼い主探し隊さんの多頭崩壊レスキューに関わることとなり、慌ただしい日々を迎えております。

我が家にいる3匹のやんちゃ坊主『トロ・キップ・クルル』のお世話も、ちょっとあたふた・・・・
チビたち、食べすぎからか?お腹を壊したようで、ちょいと下痢気味(;´Д`)

下痢だけど、めちゃんこ元気。
下痢ピー状態で走り回るため、被害が増大_| ̄|○ il||li・・・・部屋がとほほ・・・状態です。

しかし!下痢ピーニャンコですが、里親の申し出をしてくださった方々がお見合いに訪れてくださり、来週にはトライアルに入る予定になっております♪

子猫たちのことは、また改めてご報告いたします☆

そして、「みみねこレスキュー」ですが・・・・
飼い主探し隊さんブログ報告にありますように、Tさん方預かりさんに猫たちを5匹。その後預かりさんの時々ママさんに2匹、里親を申しいれて頂いたWさんに1匹、計8匹を移動させ、現在それぞれにケアをしていただいております。

現場の状況は、見た目は前回のレスキュー現場とは違い普通の室内(多々あるケージが何か不自然ではありました)・・・しかし、猫たちはやはり・・・栄養も健康管理も行き届かない状況でした。

猫たちは一様に痩せており(スコテッシュのため顔が丸く、見た目にはふっくらのようですが、撫でると肉付きは無く、骨の感触が手に残ります)

SOSレスキューでは、まったくいなかった・・・ノミ・ダニ ・・・(--;)
そして皮膚病。

思わず「何故!?」と言いたくなります。

ブリーダーが持ち込んだと聞きました。
勝手に持ってきて、「普通ではこんな値段では買えないよ」と言われ、お金を支払って・・・・・・・・
避妊・去勢はしていないため、生まれた子猫はどこかに(ブリーダーに渡したとも?)

何が真実なのかは、わかりません。

今!目の前にあるのは、猫たちの飼育環境は非常に悪く、そしてもうすぐその居場所も無くなり、このままでは命まで無くされるかもしれないという現実です。

人の欲「お金」
そして、間違った愛情と責任。

犠牲になるのは動物達です。

猫たちに、何か罪がありますか!?


F1010730.jpg 画像 013
 『れいか』 

F1010729.jpg 画像 003
  『さち』 

F1010734.jpg 画像 009
 『ミュー』 

F1010709.jpg 画像 006
 『アリス』 

2010050111270000.jpg 2010050322300000.jpg
 『みすず』 

SANY0188.jpg SANY0210.jpg
 『まこ』 

SANY0183.jpg SANY0203.jpg
 『いばら』 

性格の大人しい(鳴く事がほとんどありません)可愛い女の仔たち。
どの仔も、人になれています。
 撫でられるは、大好きです。
  抱っこは、苦手みたいです(お婆さんが一人で面倒をみていたため、抱っこをして可愛がるということはなかったのでしょう)
この7匹の仔たちは、私どもの方でケアしております。
家族に!と思っていただけましたら、どうかご連絡ください。


画像 353

現場には、まだオスの仔たちが残っております。
預かり先がないのです。

現場には、ノミ・ダニが多数湧いており、駆除薬をしたのにもかかわらず、引き出して調べてみるとまたノミがついているほどです。
できることなら、一刻も早くあの場から出し!ケアをしてやりたいです。

画像 351
金太郎を思い出してしまうような『だいすけ』(ナデナデさせてくれますけどね(。・w・。 ) )

画像 363
だいすけとよく似ている『ゆうじろう』、耳の形で見分けてます♪
ちょっとだいすけより、シャイな仔です。
この2匹は兄弟だと聞かされました。
そして・・・あちらこちら、何度も移動をさせられて挙句、最後にこの現場の家に連れてこられたそうです。
まだ2歳半です。

心無いブリーダーによって、自分にだけ注がれるぬくもりを感じること無く・・・・
この猫たちは、生涯をとじるのでしょうか?


どうか手を差し伸べてください。

飼い主探し隊ブログにて、猫たちの家族の募集をしています。
 オスの仔達の募集 
http://sagashi-tai.jugem.jp/?eid=837
 メスの仔達の募集 
http://sagashi-tai.jugem.jp/?eid=838
一日もはやく暖かい家族との縁がつながるのが一番ですが、「預かっていただける方」、そして「支援をしていただける方」・・・

現状、引き出した後の治療費(皮膚病及び耳ダニ治療など)、健康管理用の餌(かなり栄養不足です)など、費用が無い状態です。
いまのままでは、とてもケアをしていくことが不可能になってきます。
ご支援、ご協力、どうかお願いいたします。





この記事へコメントする















無飛

Author:無飛
名前も呼ばれず、語ってもらうことも無く消えていく命があります。
そんな悲しい鼓動の響きを一つでも無くしていきたいと思います。
個人ボランティアである 無飛・ありこま・ピーココままが中心となり、ご家族との縁の糸をつないでいきたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。