2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子猫たちの厳しい状況が、あちらこちらから聞こえてきます。

救える「命」は一握りかもしれません。
救った命、多くの犠牲の中からの大切な命です。
縁を繋がねばなりません。



前にお知らせしましたが、ポコ君♪
「ヤマト君」という、勇ましい名前になりました~☆
画像 035
名付け親は、この可愛いお嬢様かな?( ^▽^)

画像 034
若いママさん♪おしゃまなお嬢様の子育てと共に、やんちゃ坊主「ヤマト君」の子育てにもがんばってくれています♪

そして、3匹の下痢ピーニャンコたち(えぇ、下痢は治りましたけど(・x・)ぷっ)

トロ・キップを改め「シリウス」「キース」に!かっこいい~

画像 069


・・・その、かっこいい名前をいただいたシリウス君・・・・
オネムになったのか、お母様の足のそば、そっともたれ掛り・・・目がとろ~~ん♪
画像 077

そして、キース君は?
お気に入りのベットにいそいそ・・・・
画像 081
眠いんだよ~~~~。。 zz ZZ♪

お見合いの後、様子をを見に行かせていただいたときです。
もうすっかり、Kさまの家の仔でした。

画像 071 画像 068
本当にあったかい家族の一員に迎えてもらえました。

そして兄弟の中で、1匹だけ他のおうちにいった「クルル」ですが、名前は「クタ君」になり、そちらでも家族の一員になりました。

1匹だけ、さみしいのでゎ・?
いいえ、実はクタ君が行ったおうちには先住猫ちゃん、それも今回の3匹兄弟と同じ年齢の可愛い猫ちゃんが♪

写真を撮り忘れてしまったたので、その報告はもう少しお待ちくださいね。




5月19日、西濃地域猫の会 さまに、会合に誘っていただけました。
東海地区を中心として活動を始めている若い人たちと、話をする場でした。
大学生を主とし、動物問題に取り組みはじめた団体です。
ブログは 犬ねこ譲渡仲介ポータルサイト『ふぁみりあ』 岐阜大学の学生が中心となる「ドリームボックス」
で、活動などを紹介しています。

20代の人たちが、動物問題に取り組んでいただけるのは、非常に嬉しいことです。

若い力、そしてそこから広がる多くの力!
すぐには、改善はなくとも希望はあります。

西濃地域猫の会さんの会員さんの熱心な話。
保護活動を気を引き締めて始めたばかりの私には、すごく学ぶことばかりです。

そして・・・活動を始めても、その「現場」を知らない若いメンバー・・・・
オバハンの私は、現場しか知りませんが・・・・(汗)

IMGP0787.jpg

西濃猫の会さんを支援しておられる喫茶店にて(シェルターを店の裏に作ってくださってます)

100519_183453.jpg

IMGP0750.jpg
猫シェルターの中・・・
きれいに整頓され、中に入ると可愛いニャンコのお出迎え。

でも、どの仔も辛い経験を背負いながら、ここにいるのです。


IMGP0754.jpg

猫シェルターのお世話、そして地域猫たちのお世話・・・さらにこの時期は、こんな小さな子猫のお世話・・・
少しでも、命を救おうと一生懸命活動しておられる人たちです。

この様子をみて、今日の会合に参加した若い人の心に、きっと何かが生まれてくれたと思います。


そして
飼い主探し隊さんの記事
にも書かれていた記事    「殺されるために生まれてくる命」

殺されるため!?・・・?????

安易に犬・猫を保健所に持ち込む人たち
家庭で飼っているといいながら、避妊をせず・・・子猫が生まれると、保健所に持ち込む人!
保健所には持ち込まないが、そこらに捨てていく人たち。

自分の目の前から、消えれば・・・・・・それで、いいのですか?
何か努力はしましたか?

「手術はかわいそうだ・・・」「避妊・去勢は、お金がかかるから」「もう、飼えないから」

ふざけるな!

怒りと悲しみと、どうしようもない感情です。

声を届かせてください。

     届いてください・・・・お願いです。






【Re: 3兄弟の幸せ】
>まあさ+さん♪

3にゃん、幸せの糸をつかめたと思います。
傷をつくってまで、運んできてくれた「命」きっと、幸せになりますとも!

まあささんの優しい気持ちが、子猫を包んでいたはずですから。

(;^ω^)え~っと、胸の傷・・・これから夏にかけて、お肌がだせませんね~。
子猫の幸せの置き土産で(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

【3兄弟の幸せ】
里親さん、決まったのですね。
優しそうな里親ファミリーで、すっごく嬉しいです。
とても優しく抱っこしてくださっている姿に感無量。
本当にありがとうございました。
頑張って、バイクで知多から岐阜まで
本当によく小さい身体で頑張って乗ってくれました。
私の胸のひっかき傷はまだ残ったままですけど、
それがまた愛おしくて(笑) 命が繋がって良かったです。
3兄弟とも、賑やかに育ってくれるみたいで嬉しいな。
なんだか一回り大きくなったみたいですね。
他の猫ちゃん達も、幸せをつかんで欲しいものです。



この記事へコメントする















無飛

Author:無飛
名前も呼ばれず、語ってもらうことも無く消えていく命があります。
そんな悲しい鼓動の響きを一つでも無くしていきたいと思います。
個人ボランティアである 無飛・ありこま・ピーココままが中心となり、ご家族との縁の糸をつないでいきたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。