2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「猫のお世話ボランティア募集」 現場に行ってきました。
猫たちの様子をみることと・・・もう一つ
子猫を連れに行くのが、本来の目的でした・・・。

子猫・・・そこの現場の猫たちは、避妊・去勢はしてあるため、子猫は生まれません
なぜ?子猫かというと、その無責任な飼い主が保護した仔です。
猫たちを保護してくれるのは、喜ばしいことですが・・・自分の猫たちでさえ、放棄している人間です。
今回の子猫も、現在猫たちを保護している人(この方のことを今後ⓣさんと書かせていただきます)に何も言わず、大人猫たちのいる部屋に、ぽぃ!と置いていったのです。
当然、子猫のご飯も無く、子猫に何をするということなく・・・ヽ(`Д´)ノプンプン
ⓣさんがびっくりして、「獣医さんにみせてちゃんとしてください!」と、言いました・・・
その後、獣医には連れて行ったようですが、医者の費用もⓣさん任せ
「この仔は可愛いから、私たちがみるわ」と、またもや!無責任発言!
(# ゚Д゚)ノ子猫も大切だが、いま自分が放棄したような猫たちはどうするのだ!!?

どちらにしても、こんな無責任な人間に子猫は託せないと、こちらで引き取ることを提案。
可愛いから自分が面倒をみると言っていたのに・・・そのような提案をすると、
あっさりと・・・子猫を引き渡し。さっさと、子猫を部屋に置いていきました・・・。
直接、私たちに渡すのでもなく・・・

もうね・・・この人間の頭、叩き割ってどうなっているのか見てみたいです( TДT)

子猫が元気だったのが救いです。
画像 004
「パフちゃん」と仮の名前をつけました♪
1ヶ月半くらいの女の子。
どういった経緯で拾ったのか・・・保護してから、どういった状態であったのか・・・
まったく解りませんが・・・
保護されて5日は経っているはずなのに、びびり( TДT)手を出すと、ビクッ!として、身体を縮めます。
シャーは無いですけどね。
蚤が、いました・・・血を吸われ続けて、痒かったろうに。

しばらくビクビクしてましたが、このおもちゃが気にいったようで♪
画像 005
「これ、なんにゃ?」
画像 006
恐る恐る・・ペシペシ・・・

その後は
画像 022

画像 026
遊びまくり~☆

画像 025
「ふにゃ~~。疲れましたにゃ」

パフちゃん、いつも遊んでくれる家族とのご縁が、きっと繋がるからね。
がんばって、ご縁の糸を探そうね。

そして、猫たちが暮らす場所は・・・
画像 011
ⓣさんの配慮で、猫ベットもトイレも爪とぎも置かれています。
画像 020

具合の悪い猫もいます。
ビビって、人の前に出てこない猫もいました。
画像 018

画像 016

そんな猫たちのことを考え、思いやり・・・ⓣさんは、私財を投げ打って猫たちの居場所を作ってくれています。
その優しさに、甘え!胡坐をかくような無責任な飼い主!

「可愛そうだから飼った」無責任飼い主はそう言います。
それなのに、いま・・・その猫たちが、ひどい風邪をひき、苦しそうにしていても、面倒をみてやらない・・・
自分たちの責任感の無さから、猫たちの居場所が無くなり、命の危険に陥ってても・・・善意の他人に頼りまくる。

「保護をする」安易な気持ちでは無理なことです。
「かわいそう」そういった気持ちで保護してしまった後でも、その仔の対して責任を持つことが、重要ではないでしょうか?
難しいことです。
でも、できるだけのことを!努力を!
すべきではないでしょうか?



この記事へコメントする















無飛

Author:無飛
名前も呼ばれず、語ってもらうことも無く消えていく命があります。
そんな悲しい鼓動の響きを一つでも無くしていきたいと思います。
個人ボランティアである 無飛・ありこま・ピーココままが中心となり、ご家族との縁の糸をつないでいきたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。